アパレル職を辞めたい!アパレルの職場の悩みNo1は、人間関係!!

アパレルの職場はオンナの戦場?




アパレル業界は感性と美の世界でもあり、男性スタッフも多数活躍しているが販売部門になると圧倒的に女性にが多いといえます。

特にレディースショップではお客様により寄り添うことができる女性スタッフで固められています。
求人においては、男女の指定がないもののやはり女性スタッフが優遇されます。

どこの職場においても女性が集まると揉め事や陰口などが多い事は一般常識ともいえますが、アパレルにおいてはノルマがあるなしに関わらず、女性としてのプライドの部分が目には見えないにしても激しくぶつかり合っています。
ショップスタッフはお客様にとっても、洋服たちにとってもモデルであり、女性としての美しさや輝き、夢を提供していかねばなりません。
そのショップでのカリスマ的存在を獲得したかったり、美しさの対抗意識がでたりと女性ならでの水面下の対抗意識が芽生えやすい職場ともいえます。

視点を変えて、見れるかが勝負!


現に、アパレル業界では転職も多く辞めたいという声がよく聞かれます。
全てのアパレルにおいてこのような現状があるわけではありません。
ただ、女性の性質と環境、状況においてアパレル業界では水面下での女性の戦いが他の職種と比べ強く働きやすいということです。

そのような意識を持たずして仕事に励めば、辞めたいという状況に巻き込まれることなく楽しく仕事ができる職場でもあります。