辞めざるを得ない!?アパレルで産休は取れるのか?

アパレルで産休は取れるのか

 

 

女性の社会進出が進んで久しくなります。男性が主体であった業界においても女性が活躍している姿を少しずつ見かけるようになってきました。たくあんある業界の中でもアパレル業界では他の業界よりも女性がよりたくさん活躍している現場と言っても過言ではないでしょう。

 

働く女性にとって共通する悩みと言って一番に思い浮かぶのはやはり家庭との両立が挙げられます。就職してキャリアを積んで仕事がますます楽しくなるころに結婚や出産を考える転機に向かい合う女性も少なくありません。結婚は旦那さんや家族の理解で変わらない仕事生活を続けることは比較的可能かもしれませんが、妊娠・出産となるとたとえぎりぎりまで働けたとしても産休を取らざるを得ません。アパレル業界では産休は取れるのでしょうか。

 

協力体制が整っているかを見極めること

 

どの仕事もそうですが、この業界も時間が不規則であったり立ち仕事や肉体的にも大変なことが多い仕事です。お客様とのやり取りの中で急な残業も無くはありません。仮に産休を認めてもらって働いていたとしても出産前の段階で、つわりやその他の症状から、仕事の仲間に迷惑をかけることが負担になって辞めたいと思う人も少なくありません。

 

 

求人で産休・育休の取得者実績がある会社は、比較的出産や育児に対する理解も高く、過去の実績を元に協力体制が整っている場合も少なくありません。子育てしながら働きたい女性は参考にするのもいいでしょう。